ホーム > 國貞が選ばれる理由 > 医薬品・医薬部外品・化粧品の小分け
國貞が選ばれる理由

医薬品・医薬部外品・化粧品の小分け

一つ一つに、病気の回復を願って、医薬品の充填小分け医薬品の分包充填・小分け包装はお任せ!

概要

医薬品は厚生労働省の定める適正な環境条件に適合した製造室で、製品標準書に定めた作業手順を順守し、分包品の適性な検査を経て合格品のみ、箱詰め作業を行っています。

また、医薬品は規格に定める分包用量が過小でも過大でも人の生命に重大な結果を生じるため、充填量については特に細心の注意を払って作業を進めています。

製造管理・品質管理に自信があります!

以下の【A製品の充填質量のグラフ】をご覧ください。
委託先が定めた製品標準書の規格値を満たしており、優れた充填能力が実証されています。
このグラフに示すとおり、適正な製品を製造しており、製造管理及び品質管理には自信を持っています。

A製品の充填質量のグラフ

医薬品の小分け・包装について

粉塵除去機

医薬品の製造に当たっては、厚生労働省が定める清浄な環境が求められており、一般的には、1立方フィートあたりの空気に粒径0.5 µm(マイクロメートル)以上の塵埃(粒子個数)が100,000以下でなければなりません。
当社はこれに適合する空調設備を有し、塵埃を除去するために、全身を覆う専用のクリーンウェア(無塵服・靴下)やマスクを着装し、二重扉の出入口で塵埃を落とすトリミングを行い、入室することをルール化するなど清浄度には特に注意を払っています。

製造室は、分包と小分け・包装に分かれており、空気の流れは分包作業室から小分け・包装作業室に向かうよう差圧の管理がされています。

キャップシール

分包の作業は、1包当りの充てん量0.5g~2.0g、8時間当たり約12万包の能力を有する東陽機械製作所製のMS-35型6連自動充填機により、製造を行っています。
分包作業中の検査は、30分ごとに分包品を抜き取り、ミシン目、フィルムの印刷、シール強度、耳幅のカット、各分包の質量検査等を行い、製品標準書に定める規格に適合しているか検証を行っています。

一方、小分け・包装は、排出された1束3連包をそれぞれ定められた束数に集積、計量すると共に、ビニール袋に詰め、能書と共に化粧箱に詰めて計量し、さらに化粧箱を段ボール箱に詰めて計量する等すべてを記録します。
この化粧箱詰めの能力は8時間当たり約100箱です。

小分け検品・検査(目視検査・X線検査)包装・ラベル貼り付け混合